髭剃る男性

髭についてあれこれ

髭が濃い人の悩みあれこれ

男性が髭に対する悩みを持つのは非常に多いと言えるでしょう。特に濃い場合の悩みは多種多様。見た目の悩みから性格や恋愛に至るまで、実に様々です。
まず何といっても、清潔に見えないというのが悩みです。朝きれいに剃っても、夕方には生えてきてジョリジョリとしている。色白の肌なので剃り跡が青くなって恥ずかしい。疲れ切った印象を与えてしまうなどです。
また、就職などの面接でも不利になることがあるようです。企業側はやはりさわやかなイメージを持った社員を欲しがるもの。濃い髭の人は顔の印象が暗く見えてしまいますし、清潔感もあまり感じられません。書類選考などでも、やはりさわやかそうなイメージを持っている人を選ぶでしょう。
次に、髭剃りに関する悩みです。毎日剃るのが面倒。なかなか剃れないので強く剃って肌を痛める。より高い電気シェーバーを購入したので出費がかさむ。カミソリの刃がすぐ傷んでしまうので交換する頻度が高いなど、悩みは尽きません。
さらに、見た目を気にするあまり性格に影響してしまうケースもあるようです。年齢よりも老けて見られたリ、どういうふうに見られているのかと気になって積極的になれず、暗い性格になってしまったり。たかが髭と侮っていても精神的ストレスを感じることもないとは言い切れません。
そして辛いのは、女性にもてないということではないでしょうか。中には髭を伸ばして、それが似合っている人もいます。それならばまだいいのですが、女性の大半は髭に対して否定的な意見です。
特に何日か剃らずに放っておかれた無精髭に対する印象は最悪です。「見ていて気持ちのいいものではない」「不潔な印象」「疲れているように見える」など辛辣です。中には「いつもきっちりしている人が、髭を剃らずに油断した姿を見ることができた」などと好意的な意見を持つ人もいますが、これはごくわずか。大半はマイナス印象です。
本来は顔の肌を守るためにあるはずの髭ですが、現代においてはどちらかというとマイナスに作用してしまっていると言わざるをえませんね。

 

髭が薄い理由は…

世の中には髭などの体毛が濃い人と、逆に薄い人がいます。この2者間の違いはいったい何なのでしょうか。それは主に、男性ホルモンが影響していると言われています。
男女を問わず人間の体には男性ホルモンと女性ホルモンが存在します。男性の体内にも女性ホルモンはありますし、もちろん女性の体内にも男性ホルモンがあるのです。この男性ホルモンと女性ホルモンの分泌される量によって、体毛の濃さが変わってくると言われています。
髭が濃い人は、この男性ホルモンが多く分泌されているのです。男性ホルモンが作用し、太く強い髭を発毛させているのです。逆に薄い人の場合は、男性ホルモンの量が少ないか、男性ホルモンが作用しにくい体質だと言われています。そういった人たちの場合は、週に1回の髭剃りでもあまり濃くならず、剃る回数も少ないので肌も痛めないという逆の立場の人からすると、非常にうらやましい体質と言えます。
余談ですが、毛髪の量は女性ホルモンが影響しており、男性ホルモンが髪の毛の発達を妨げると言われています。

さて、では髭の薄い人は体質によるものだけなのでしょうか。それは違います。男性ホルモンの分泌が多く、髭の濃い人であっても人工的に薄くしている人も多いのです。それは、脱毛によって薄くしています。メンズエステなどで髭の脱毛を少しずつ行い、最終的には髭剃りを必要としない状態にしているのです。
一般的に知られている脱毛方法は3つあります。レーザー脱毛と光脱毛、そして電気脱毛です。レーザー脱毛は比較的早い効果を得たい人におすすめです。しかし、強いレーザーを肌に当てるため、どうしても肌へのダメージは避けられません。肌に負担をかけずゆっくりと脱毛したい人は光脱毛がいいでしょう。そして、確実に脱毛したいという場合は、電気脱毛を選ぶのがいいでしょう。
どの脱毛方法もそれぞれに特徴があります。それぞれのニーズに合わせて脱毛方法を選ぶのが良いでしょう。

ヒゲ脱毛で後悔したくない方はこちら→https://ヒゲ脱毛の後悔.net

髭剃り

カミソリでも負担をかけず上手に剃れる

習慣的な顔の手入れとして髭剃りが挙げられます。電気シェーバーは手軽に剃れるが出費がかさむ。カミソリは深く剃れるが肌を痛めやすい。どちらも一長一短ですが、髭の濃い人ならば深剃りできるカミソリの方がいいと言えます。
では、肌を痛めずより上手に深剃りしていくには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。
まずは、使うカミソリはT字のものがいいでしょう。持ちやすく横滑りしにくいため、肌を傷つけるリスクを減らすことが出来ます。そして、肌に負担をかけない3枚刃や5枚刃がいいと言われています。
では実際に剃っていきますが、剃る前の準備が必要です。まずは顔を洗い、肌にたまった汚れを取り除きましょう。肌をきれいにすることで、カミソリの滑りもよくなり肌に無駄な負担をかけることが少なくなります。その後肌を温め、髭を柔らかく、剃りやすい状態にします。
そして、シェービング剤を顔に塗ります。どんなものでもいいというわけではなく、これも肌に負担がかかりにくいよう、カミソリの滑りが良いものや保湿成分が含まれているものを選びましょう。
ここまで終えたら剃りはじめです。大切なのは毛の方向に向かって剃ることです。毛の向きと逆に剃った方が深く剃れますが、肌への負担ははかりしれません。髭が濃くなる心配もありますので、毛の向きに沿って素早く剃り、気になる部分だけ逆剃りするなど工夫しましょう。また、何度も同じ個所を剃るとそれだけ肌にダメージを与えます。カミソリをぬるま湯などでこまめに洗い、肌に当てる回数をなるだけ少なくしましょう。
剃り終えたら肌のケアです。肌への刺激が少ないぬるま湯などですすぎ、化粧水や乳液でアフターケアをしましょう。
また、アルコールを大量に摂取した翌日や、日焼けした後など、肌にダメージが残っているときの髭剃りは控えた方がいいかもしれません。深剃りできるカミソリで、より肌に負担をかけず上手な髭剃りを心がけましょう。